線画の詳細設定

 前の記事では線画を出力する方法を解説しました。
 しかし、単に線画を出力するだけでは意図しない場所に線が入ってしまうこともありえます。
 レンダーレイヤータブ内のエッジタイプパネルの項目を設定することで、線画が出てくる場所をしていできます。

エッジタイプ

 エッジタイプは線画が現れる場所の設定項目です。チェックを入れることで様々な場所に線画を出したりできます。

シルエット

 手前にある面と奥にある面の境界に線を表示します。

ボーダー

 オブジェクト内部の開いた部分の境界に線を表示します。

輪郭

 オブジェクトを縁取りするように線を表示します。

示唆的輪郭

 Freestyleパネルの詳細オプションにチェックを入れた場合に現れる『球半径』と『Kr派生イプシロン』に依存して線が現れます。

尾根と谷

 Freestyleの詳細オプションの球半径に依存して線が現れます。

クリース

 クリース角度の設定よりも小さい辺に線が現れます。

辺マーク

 辺マークを設定した辺(後述)に線が現れます。

外部輪郭

 オブジェクトの外周に線を表示します。『輪郭』と違いオブジェクトの重なった部分には線画は現れません。

マテリアル境界

 同じオブジェクト内のマテリアルの境界に線が現れます。

辺マーク

 編集モードでメッシュオブジェクトの任意の辺に辺マークを設定することができます。
 辺マークを設定する方法は以下の通りです。
 まず辺マークを設定したいオブジェクト選択し、編集モードにします。

 次に、辺マークを加えたい辺を選択し、『メッシュ』タブの中から『Freestyle辺をマーク』をクリックします。辺マークが設定された辺は緑色になります。

クリース角度

 クリースとは折り目のことです。
 Freestyleパネル内の『クリース角度』よりも値が小さい辺に線画を描いたりできます。

面のスムーズさ

 Freestyleパネル内の『面のスムーズさ』にチェックを入れると、シェーディングをスムーズにした場合の滑らかな辺に線を表示しないくなります。

カリング

 Freestyleパネル内の『カリング』にチェックを入れると、視野外の辺に線画を描かなくなります。この機能は、レンダリングしたときに、本来線画が表示されない場所に線画が表示され場合に使用します。

詳細オプション

 チェックを入れるとエッジタイプの『示唆的輪郭』や『尾根と谷』に影響を与える項目を編集できます。

グループ設定の利用

 グループ設定を利用することでオブジェクトごとに線画の出力設定を行うことができます。これを使うと、例えば近景のオブジェクトには詳細に線画を表示し、中景のオブジェクトは輪郭だけ、遠景には線画を出さないということなどができます。

 グループを設定する場合は、まずオブジェクトを選択し、プロパティモードのオブジェクトタブのグループパネル内の『グループに追加』ボタンをクリックします。

 次に、レンダーレイヤータブのFreestyleラインセットパネルのグループをONにして、グループの設定を行います。

 複数のグループで、違う設定を行いたい場合はLineSetの項目を追加し、また別のグループ設定を行います。

 例えば以下のような設定を行い、左の立方体は輪郭とクリースを表示、真ん中の立方体は輪郭のみを表示、右の立方体は線画を表示しないレンダリング結果を得ました。

線画の色や太さを変える

 プロパティモードの、レンダーレイヤータブのFreestyleラインスタイルパネルから、線画の色や太さなどの詳細を設定できます。

ストローク

 線の種類などを設定できます。

カラー

 線画の色を設定できます。

アルファ

 線画の透明度を設定できます。

 線画の幅(太さ)を設定できます。

ジオメトリ

 線画にノイズを加えたり、波打った形状などにすることができます。

テクスチャ

 線画にテクスチャを追加できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする