ワールドの設定

 プロパティモード内にある「ワールド」の項目では、レンダリング画面の背景設定が行えます。背景色の設定だけでなく、作ったものを立体的に見せる「アンビエントオクルージョン」の設定なども行えます。

「ワールド」パネルでは、背景色の設定などが行えます。

「ペーパースカイ」にチェックを入れて有効にすると、レンダリング画像に対して水平色で設定した色が背景として出力されます。

「ペーパースカイ」と「ブレンドスカイ」を同時にチェックすると、カメラの角度に関係なく、レンダリング画像に対して水平色と頂点カラーのグラデーションが水平にかかった背景を出力できます。

「ペーパースカイ」と「ブレンドスカイ」と「リアルスカイ」の3つ同時にチェックすると、カメラの傾きに依存したグラデーションを背景に出力できます。

 周囲の色は画面全体の色を調整できます。
 黒を設定すると、ランプやアンビエントオクルージョンなしでは真黒な画面になりますし、白を設定すると画面全体が真っ白になります。
 以下の図は「周囲の色」を赤色に設定したものになります。

アンビエントオクルージョン

「アンビエントオクルージョン(AO)」パネルにチェックを入れると、光が届きにくい場所にソフトな陰影を描きだすことができます。

これにより、つくったものをより立体的に表現できます。
「強さ」項目で、アンビエントオクルージョンの効果の度合いを設定できます。

環境照明

「環境照明」パネルにチェックを入れると、環境照明が有効になり光の回り込みを表現できるようになります。環境照明を有効にすると自然な照明を表現できるようになりますが、計算量が増えてレンダリングに時間がかかるようになります。

ギャザー

「ギャザー」パネルでは、アンビエントオクルージョンや環境照明が有効な場合の計算方式を設定できます。

「レイトレース」にすると、正確な計算が行われます。「サンプル」の項目の数値が高いほどノイズが除去され滑らかな画像になりますが、レンダリング速度は遅くなります。
「近似AAO」を選択すると、処理速度を優先した計算が行われます。「エラー」の数値が低いほど高精度な結果が得られますが、レンダリング速度は遅くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする