表示とセーフエリア

『表示パネル』内の項目を設定すると、3Dビューの画面上で補助線などを表示することができます。

 表示の項目には以下のものがあります。

リミット

 被写界深度(ピンボケ具合)の設定をした場合、焦点の表示・非表示を切り替えられます。

ミスト

 ワールドの設定でミスト(霧)を設定した場合、ミストの見える範囲を有効化/無効化します。
 範囲はカメラの視線上に白い2つの点で表示されます。

センサー

 チェックを入れるとカメラ視線上でセンサー(撮像素子)を表示します。

名前

 カメラのオブジェクト名を表示します。

コンポジションガイド

 各項目にチェックを入れるとカメラ視点で中心や三分割線などの補助線を表示できます。

外枠

 外枠の表示・非表示を切り替えられます。チェックを入れた状態でアルファの数値を変更すると、外枠の透明度を変更できます。

セーフエリア

 セーフエリアの項目にチェックを入れると、カメラ視点でマージン(余白)のための補助線を表示することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする