平和主義

 平和主義とは、日本国憲法の基本原理の一つです。
 組織や国家の紛争の解決を求める手段として、暴力・軍事力を用いず、平和の追求や実現や維持を求める思想をいいます。
 憲法9条には、
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」
 とあります。
 日本国憲法は、以下の3点において戦争否定の態度を打ち出しています。
・侵略戦争を含めた一切の戦争と武力の行使および武力による威嚇の放棄
・それを徹底するための戦力の不保持の宣言
・国の交戦権の否定

憲法9条1項の解釈

 憲法9条1項目は、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」すると述べています。その上で、「国権の発動たる戦争」「武力による威嚇」「武力の行使」については「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と規定しています。

「国権の発動たる戦争」とは?

 国権の発動たる戦争とは宣戦布告や最後通牒などによる意思表示がなされる武力衝突で、戦時国際法が適用されるものをいいます。

「武力の行使」とは?

 武力の行使とは、意思表示なしに始まる武力衝突であり、戦時国際法の適用がないものをいいます。

「武力による威嚇」とは?

 武力による威嚇とは、武力行使を行う態度により相手国に要求を突きつけることをいい、現実的に武力行使には至らないものをいいます。

 これら3つのことについて、9条1条は「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」としています。国際紛争を解決する手段としての戦争とは、国際法上の用語例によれば侵略戦争を意味しています。政府の見解によれば、9条1条が放棄するのはあくまで侵略戦争であり、自衛戦争や制裁戦争はその中に含まれないことになります。

憲法9条2項の解釈

 憲法9条2項は、1項での目的を達成するために戦力の不保持を規定しています。政府は同条2項によって一切の戦力は放棄しますが、自衛権までは放棄していません。そのため自衛のための必要最小限度の実力を保持することは禁止されていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする