肖像権

 肖像権とは、みだりに容貌・姿態を撮影されない権利をいいます。
 肖像権では、デモ行進を撮影した警察官の行為の適法性が争われた京都府学連事件で問題となりました。

【判例】京都府学連事件

判決年月日など

 昭和44年12月24日・最高裁大法廷・判決

事案の概要

 被告人である大学生は、デモ隊の先頭に立って行進していました。デモ隊は道の中央を行進するようになり、この状況は道路交通法等デモの許可条件に違反するものでした。
 そこで、許可条件違反の視察などの職務を行っていた巡査は歩道上から、この大学生が属する先頭集団を撮影しました。このとき、この大学生が抗議してデモ隊が持っていた旗竿で巡査に傷害を与えました。この大学生は公務執行妨害と傷害罪で起訴されました。
 この大学生は、巡査は令状も本人への同意もなしに撮影することは肖像権の侵害に当たるとし、適法な職務執行ではないと主張しました。

争点

 この事案では、憲法13条により肖像権が保障されるかが争点となりました。

結論

 最高裁は、憲法13条で保障されるという判決を下しました。

この事案のポイント

 憲法13条には、
「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」
 とあります。
 最高裁は、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌・姿態を撮影されない自由を有するとしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする