ベベル

 ベベルのモデファイアは、オブジェクトの面取り(角を丸くする)をできる機能です。

 ベベルのパネルは以下の項目があります。

 面取りする量(幅)を指定できます。

セグメント

 面取りする数を指定できます。数値が1だと単なる面取りになり、数を増やしていくと角が丸みを帯びていきます。

側面

 ベベルの丸みの度合いを指定できます。例えば、立方体で『側面』の数値を変えていった例は以下の通りです。

マテリアル

 ベベルを付けるオブジェクトに複数のマテリアルが設定されている場合に使用します。例えば、デフォルトの数値(-1)だと、ベベルを加えた隣の面のマテリアルが適用されます。

頂点のみ

 辺ではなく頂点のみが丸くなります。

重複の回避

 チェックを入れると、面同士が重複しなくなります。

ループスライド

(※現在調査中)

制限方法

 ベベルを加える辺を指定する項目です。
・なし:すべての辺にベベルを付けます
・角度:辺の角度によってベベルを加える辺を指定します
・ウェイト:(※現在調査中)
・頂点グループ:指定した頂点グループのみにベベルを付けます

幅の計算方法

 ベベルの幅を付ける計算方法を指定できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする