メッシュキャッシュ

 メッシュキャッシュのモディファイアは、外部ファイルとして保存してあるBlender以外の形式の変形アニメーションを適用できるモディファイアです。
 メッシュキャッシュに対応している形式はMDDとPC2の2つです。

 メッシュキャッシュのパネルは以下の通りです。

フォーマット

 使用するデータの形式を選択できます。前述の通り、MDD(LightWave)かPC2(3ds Max)の2つが選べます。

ファイルパス

 使用したい変形アニメーションが保存されているファイルを指定します。

評価(影響)

 アニメーションが受ける影響を設定できます。

変形モード

 これはBlenderでの編集によりアニメーションを追加していた場合に関係してくる項目です。
 メッシュキャッシュのモディファイアにより外部から追加されたアニメーションと、Blender内で設定したアニメーションを合成するか否かを選べます。
「上書き」の項目を選ぶと、外部から読み込んだアニメーションだけが反映されます。
「統合」を選ぶと、Blender内で追加したアニメーションと、外部から読み込んだアニメーションを合成したアニメーションをつけることができます。

タイムマッピング

 アニメーションを変化させる単位をフレームや時間などに変更できます。

軸マッピング

 アニメーションを加えるオブジェクトの前後方向や上下方向を指定できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする