インターネット技術

プロバイダ

 プロバイダとはインターネットへの接続を提供する組織をいいます。
 日本では電気通信事業者の一つとして位置づけられています。
 日本語では役務からインターネット接続事業者(略して接続事業者)と訳されることがあります。

プロトコル

 プロトコルとは、ネットワーク上での通信に関し、あらかじめ相互で決めておく通信のための手順や手段をいいます。同機種のコンピュータの間でも、プロトコルが異なると通信は成立しません。
 プロトコルには様々な種類があります。しかし、インターネットではTCP/IPが標準通信プロトコルとなっています。

ドメイン

 ドメインとは、インターネット上の住所に例えられる文字列をいいます。ドメインは実際の住所と同じように世界に1つしかないものです。
 ドメインは、メールアドレスやホームページのアドレスなどの一部として使われています。
 全てのドメイン名は、民間の非営利法人であるICANNの管理下に置かれます。トップレベルドメイン(TLD)は、ICANNの承認を受けなければ新たに追加することができません。また、既に存在するトップレベルドメインもICANNの認めた者でなければ管理することができない。

ブロードバンド

 ブロードバンドとは、大容量通信ができるインターネット接続サービスをいいます。
 比較的低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどを「ナローバンド」と称しているが、これに比較して大容量な場合に、「ブロードバンド」と称される場合が多いです。
 ブロードバンドには以下のものなどがあります。

FTTH(光ファイバー)

 光ファイバーを利用した高速通信網で、速度が速く安定しています。ただし、価格が高く導入に工事が必要となります。

ADSL

 既存の回線を利用した高速通信網で、定価格で導入が簡単です。ただし、利用条件により速度が異なります。

CATV

 ケーブルテレビの回線を利用した高速通信網です。多機能ですが、導入に工事が必要となります。

ユビキタス

 ユビキタスとは、「いつでも、どこでも、だれでも」が恩恵を受けることができるインタフェース、環境、技術のことをいいます。
 ノートパソコンやスマートフォン、無線LANの普及により、そのような環境ができつつあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする