社会保障制度

 日本の社会保障制度は、以下の4分野から構成されています。

社会保険

 生活を脅かす事故に対して給付を行う体系です。

社会福祉

 社会的弱者が安定した社会生活を送れるように援助を行う体系です。

公的扶助

 生活困窮者に対して最低限度の所得を保障する体系です。

公衆衛生

 国民の保険・衛生を向上させるための体系です。

社会保険

 社会保険とは、生活を脅かすような事故に対して、給付を行う体系をいいます。
 社会保険の具体例には、以下のものがあります。

医療保険

 医療保険は、病気や怪我をした場合に発生した医療費について、その一部または全部を保険者が給付する仕組み。
 医療保険は以下の2つに大きく分けられます。
・民間企業のサラリーマンとその被扶養者を対象にした被用者保険(健康保険)
・それ以外の自営業者等、一般の地域住民を対象とした地域保険(国民健康保険)
 また、75歳以上の高齢者は、後期高齢者医療制度の対象となっています。

公的年金

 公的年金とは、老齢や死亡等により、労働能力を喪失し場合に、金銭を給付する制度をいいます。
 日本の公的年金は、以下の2つに大きく分けられます。
・全国民(20歳以上60歳未満)が加入して基礎的給付を受ける国民年金
・民間企業のサラリーマンを対象にした厚生年金保険(公務員の場合は共済年金)

労働保険

 労働保険とは、労働者が、労働に伴って死亡または負傷したり、疾病にかかったり、身体障害を残した場合や、失業した場合など保険給付の対象となったときに、医療の現物給付や金銭等を給付することによって生活の安定を図るという国の制度をいいます。

介護保険

 介護保険とは、原則65歳以上の被保険者の要介護状態または要介護状態となるおそれがある状態に関して、必要な保険給付を行う制度をいいます。

社会福祉

 社会福祉とは、児童・障害者・高齢者・母子家庭など特別の援助が必要な人々を支援する制度を言います。
 社会福祉制度は、原則として財源は公費負担となっています。この点で、社会福祉制度は、あらかじめ制度に加入して保険料を拠出する社会保険とは異なります。

公的扶助

 公的扶助とは、国の責任で生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行う制度です。これにより、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、その自立を援助します。
 公的扶助では、生活困窮の事実を確認するための資質調査(ミーンズテスト)が需要条件になります。

公衆衛生

 公衆衛生とは、社会的な対応が必要な医療制度の整備や環境対策的な予防的医療をいいます。直接個々人の医療ニーズに対応するものではなく、社会的な必要から公衆衛生の促進を図ろうとする制度です。
 公衆衛生には、予防接種・公害対策・伝染病予防・下水道の整備などがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする