財政投融資

 財政投融資とは、以下の特徴を持つ投融資活動をいいます。
・税負担に拠ることなく独立採算である
・財投債(国債)の発行などにより調達した資金を財源とする
・政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・固定・低利の資金供給や大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動(資金の融資、出資)である

財政投融資と予算の違い

 財政投融資と予算が異なるのは、財政投融資が、金利をつけて返さなければならない点です。これにより資金を受け取った者(ほとんどは特殊法人)が資金を効率的に使うようになるというメリットがあります。

財政投資融資改革

 財政投融資改革とは、平成13年度に行われた、財政投融資の資金調達のあり方を、郵便貯金、年金積立金の全額義務預託から、財投債(国債)の発行中心に転換することなどを柱とした、財政投融資のあり方の見直しを指します。
 具体的な改革の内容については、以下のものなどがあります。
・郵便貯金、年金積立金の資金運用部資金への預託義務を廃止
・特殊法人等が行う財政投融資対象事業については、民業補完の観点から事業を見直し
・資金調達については、真に必要な資金を財投債(国債)または財投機関債によって市場から調達することとする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする