国際連合

 国際連合は、世界の平和維持を目的とする組織です。
 国際連合は、第2次世界大戦(1939年~1945年)の連合国である、アメリカ・イギリス・中国・ソ連(今のロシア)を中心に作られた組織です。世界的な国際平和機構の計画が、1945年10月24日、51カ国の署名によって国際連合憲章として具体化されました。

国際連合の専門機関

 専門機関とは、特定の専門領域について、広い国際性を有し、かつ国連憲章57条に基づいて国連と連携関係を持っている国際機関をいいます。
 主な専門機関は以下の通りです。

国際労働機関(ILO)

 1919年に創設された世界の労働者の労働条件と生活水準の改善を目的とする国連最初の専門機関です。

国連食糧農業機関(FAO)

 飢餓の撲滅を世界の食糧生産と分配の改善と生活向上を通して達成するのを目的とする専門機関です。

国連教育科学文化機関(UNESCO)

 教育、科学、文化の発展と推進し、世界の平和と安全に貢献することを目的とした機関です。

世界保健機関(WHO)

 人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関です。

国際通貨基金(IMF)

 通貨と為替相場の安定化を目的とした専門機関です。

国際復興開発銀行(IBRD)

 第二次世界大戦後の各国の経済面での復興を援助するために設立された、本部をワシントンD.C.に置く国際金融機関です。

国際連合の補助機関

 補助機関とは、国際機構の主要機関が決議などを通して設立する下部機関です。国際機構に与えられた任務や目的を遂行するために、実際の手足となります。
 主の補助機関は以下の通りです。

国連貿易開発会議(UNCTAD)

 発展途上国の経済開発促進と南北問題の経済格差是正のために国際連合が設けた会議です。

関連児童基金(UNICEF)

 発展途上国や災害を受けた国において、子供と女性の援助にあたります。

国連大学(UNU)

 世界の学者・研究者の知識を総合して人類の存続、発展および福祉にかかわる問題を理解し、その解決に資する研究を行います。

国連環境計画(UNEP)

 国際連合の機関として環境に関する諸活動の総合的な調整を行なうとともに、新たな問題に対しての国際的協力を推進することを目的としています。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

 1951年に採択された難民の地位に関する条約と1967年の議定書に基づく国際連合による難民や国内避難民の保護など、難民に関する諸問題の解決を任務とする機関です。

関連機関

 国際連合の活動に関連する主な機関には以下のものがあります。

国際原子力機関(IAEA)

 原子力の平和利用を促進し、軍事転用されないための保障措置の実施をする国際機関です。

世界貿易機関(WTO)

 ウルグアイ・ラウンドにおける合意によって、世界貿易機関を設立するマラケシュ協定(WTO設立協定)に基づいて1995年1月1日にGATTを発展解消させて成立した機関です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする