地縁団体

 地縁団体とは、町など区域その他市町村内の一定の区域の住民の地縁に基づいてつくられる団体をいいます。例えば、町内会、自治会などがこれにあたります。
 地縁団体は地方公共団体ではありません。しかし、市町村長の認可により権利能力を得ることができます。

地縁団体が権利能力を有するための要件

 地縁団体が市町村長に認可されるためには以下の要件が必要です。また、以下の要件が認可後に欠くことになった場合は、その認可を取り消すことができます。
・その地域的な共同活動を目的とし、現に行っていること
・その区域の個人は、構成員となることができ、現に相当数がなっていること
・規約を定めていること

認可による効果や義務

 地縁団体は市町村長に認可されると以下の効果や義務を有します。
・正当な理由がない限り、その区域の住所を有する個人の加入を拒めない
・民主的な運営を行い、自主的な活動を行うものとする
・構成員を不当に差別してはならない
・特定の政党のために利用してはならない
・民法や商法などの各種の法律上、公益法人として活動できる
 なお、認可を得たからといって、地縁団体が公共団体そのた行政組織の一部になるわけではありません。

告示

 市町村は、認可をしたときは告示をする必要があります。
 告示がなされるまでは、認可を受けた地縁団体になったこと、及び告示された内容を第三者に法的には主張できません。
 また、告示された事項に変更があった場合、地縁団体は市町村長に届け出る必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする