委員会

 委員会設置会社とは指名委員会、監査委員会、報酬委員会を置く株式会社をいいます。
 委員会の設置を選択した会社では、代表取締役および監査役(監査役会)を置くことができません。
 その代わりに、執行役(代表執行役)、取締役会、指名委員会・監査委員会・報酬委員会および会計監査人が置かれることになります。

指名委員会

 指名委員会とは、株主総会に提出する取締役および会計参与の選任・解任に関する議案の内容の決定をする機関です。

監査委員会

 監査委員会は、以下のことをする機関です。
・取締役、執行役および会計参与の職務執行を監査し、監査報告を作成する
・株主総会に提出する会計監査人の選任・解任などに関する議案の内容の決定

報酬委員会

 報酬委員会とは、執行役などが受ける個人的な報酬内容を決定する機関をいいます。

執行役

 執行役とは、取締役会の決議に基づき、委任を受けた事項の決定を行い、委員会設置会社の業務執行を行う者をいいます。
 委員会設置会社では、1人または2人以上の執行役を置く必要があります。
 会社と執行役の関係は委任に関する規定に従います。執行役は会社に対して善管注意義務を負います。また、執行役は法令および定款ならび株主総会の決議を遵守し、会社のために忠実にその職務を行わなくてはなりません。
 取締役会は執行役の中から代表執行者を選定しなくてはなりません。執行役が1人の場合はその者が代表執行役になります。
 執行役は、取締役会で選任されます。執行役は、いつでも取締役会で解任することができます。
 執行役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結後、最初に招集される取締役会の終結の時までとします。

執行代表役

 代表執行役とは、取締役会の議決によって、執行役の中から選任される会社の代表機関をいいます。
 代表執行役は、会社の業務に関する一切の裁判上、または裁判外の行為をする権限を有します。
 そして、取引の安全を図るため、代表取締役と同様の規定が置かれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする