会計監査人

 会計監査人とは、株式会社の計算書類等を監査することを職務とする者をいいます。
 以下の会社は、会計監査人を置かなければなりません。
・大会社
・委員会設置会社

資格

 会計監査人は、専門性の確保のため、公認会計士または監査法人でなければなりません。
 また、法定の欠格事由に該当する者は、会計監査人に選任することができません。

任期

 会計監査人の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度の最終の定時株主総会の終結の時までとされます。
 定時株主総会において別段の決議がされなかったときは、当該定時株主総会において再任されたものとみなされます。

会計監査人の権限

 監査役は、職務執行監査の権限を持ちます。そのために取締役等から報告を求め、業務・財産の状況を調査することができます。
 会計監査人は、会社の計算書類、付属明細書、臨時計算書類、連結計算書類を監査します。そして、その監査について会計監査報告書を作成しなければなりません。
 会計監査人は、いつでも、会計帳簿またはこれに関する資料の閲覧・謄写できます。また、取締役・会計参与・支配人その他の使用人に対し、会計に関する報告を求めることができます。
 職務を行う上で必要があるときは、子会社に対しても、会計に関する報告を求め、会社・子会社の業務および財産の状況を調査できる。

会計監査役の義務

 会計監査人は、会計監査の際に取締役・執行役の職務執行に関し、不正行為を発見したときは、ただちに、それを監査役・監査役会・監査委員会に報告しなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする