単元株制度

 単元株制度とは、一定株数を1単元とし、証券取引所における取引や、議決権の行使をすることができる制度をいいます。
 また、一定株数は企業の裁量により自由に変えることができることが特徴です。

設定など

設定・変更

 単元株式数を設定・変更する場合、原則として、株主総会の特別決議による定款変更が必要です。
 また、単元株式数は、法務省令で定める数を超えることはできません。これは、過大な数を定めることにより少数株主を不当に害することを防止するためです。

減少・廃止

 単元株式数を減少・廃止する場合には、取締役の決定(取締役会の決議)によって定款を変更することができます。

単元未満株主

単元未満株主が持たない権利

 単元未満株主は、株主総会において議決権を行使することができません。

単元未満株主が持つ権利

 単元未満株主は、議決権の存在を前提とする権利以外の株主としての権利はすべて有します。ただし、株式会社は単元未満株主の一定の権利以外の権利の全部または一部について行使することができない旨を定款に定めることができます。

単元未満株式の発行について

 株券発行会社であっても、単元未満株式である株券を発行しないことができる旨を定款で定めることができます。

買取請求

 単元未満株主は、株式会社に対して、自己の有する単元未満株式を買い取ることを請求する権利を有します。

売渡請求

 株式会社は、単元未満株主が会社に対して、その有する単元未満株式の数とあわせて単元株式となる数を売り渡すよう請求できる旨を定款で定めることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする