株券

 株券とは、株主の地位たる株式を明らかにする有価証券をいいます。

株券の発行

 株券は、発行しないのが原則です。定款の定めがある場合に限り、株券を発行することができます。
 株券を発行するか否かは、すべての種類株式に関して一律に定めなければなりません。種類ごとに株券発行の有無を違えることはできません。
 非公開会社は、株券発行を定款で定めた場合でも、株主が請求しない限り株券を発行しないことができます。
 一方で、公開会社は、株券発行を定款で定めた場合は、株式を発行した以後、遅滞なく株券を発行しなければなりません。

株券不所持の申出

 株券不所持の申出はとは、株主は株券発行会社に対し、株券の所持を希望しない旨を申し出ることができることをいいます。
 これは、善意取得により、他の者に株主の権利を奪われないようにするための措置です。
 株券不所持の申し出を受けた株券発行会社は、株券を発行しない旨を株主名簿に記載・記録しなければなりません。
 かかる記載・記録をしたときは、その株式にかかる株券を発行することができません。
 株券不所持の申し出をした株主は、いつでも、株券発行会社に対し、当該株式にかかる株券を発行するように請求することができます。

株券を発行する定めの廃止

 株券発行会社は、株券を発行する旨の定款の定めを廃止する定款の変更をすることができます。
 そのためには、定款変更の効力が生じる2週間前までに、一定の事項を公示し、かつ、株主に各別にこれを通知しなければなりません。

株券失効制度

 株券を喪失した者は、株券発行会社に対し、株券喪失登録簿に記載・記録することを請求できます。
 株券喪失登録をすると、以下のことが生じます。
・当該株式についての名義書換えができなくなる
・株券喪失登録をした日から1年を経過した日に、登録が抹消されていない場合は、その株券が無効になる
・株券の再発行が行われる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする