遺産分割

 相続人が数人いて共同して相続財産を相続することを共同相続といいます。財産分割とは、共同相続人が遺産全部につき相続分に応じて、各相続人に遺産を分割することをいいます。
 遺産分割がなされるまでは、相続財産は、相続人の共有となります。

財産分割の方法

 相続財産は一定の期間内に分割しなければならないという規定はありません。相続人が分割の必要がないと判断すればいつまでも共有の状態にしておけます。しかし、長年放置しておくと、相続人が死亡してさらなる相続が開始され、子孫の数が増えて事実上の分割が困難になりかねません。
 遺産分割の方法は以下の場合に分かれます。

被相続人が遺言で分割方法を指定していた場合

 被相続人の遺言に従います。

遺言による指定がない場合

 共同相続人が協議によって分割します。
 協議が整わない、または協議ができない場合は、遺産分割を家庭裁判所に請求できます。この分割は遺産に属する物または権利の種類および性格、各相続人の年齢、職業、心身の状態および生活の状況その他一切を事情として考慮します。

遺産分割の効果

 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生じます。ただし、第三者の権利を害することはできません。
 遺産分割により不動産の権利を取得した相続人は、登記を経なければ、分割後に権利を取得した第三者に対抗できません。

遺産分割の禁止

 遺産分割は、共同相続人の協議、家庭裁判所の審判、被相続人の遺言によって、一定期間、禁止することができます。

分割協議と利益相反

 親権者と子の間において、同一親権に服する子相互の間に利害の対立(利益相反)するときは、公正な親権の行使が困難です。そこで民法は、利益相反の場合には、親権を行う者は、その子のために特別代理人の選任を家庭裁判所に請求しなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする