法定相続分

 相続分とは、共同相続において、相続人の相続財産に対する分け前の割合をいいます。

指定相続分

 相続人は遺言で共同相続人の相続分を定め、または、相続分を定めることを第三者に委託することができます。

法定相続分

 法定相続分とは、指定がない場合に法律で定める法定相続分に従います

妻と子

 子と配偶者が相続人であるときは、子と配偶者の相続分はそれぞれ2分の1となります。
 子が数人いるときは、各自の相続分は平等です。ただし、非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の2分の1となります。
 また、代襲相続によって相続人となる直系卑属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであったものと同じです。直系卑属が数人いるときは、この直系尊属が受けるべき部分について900条の規定に従って相続分が定まります。

妻と尊属

 配偶者と直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は3分の2、直系尊属はそれの3分の1となります。直系存続には逆代襲がないため、直系尊属が親等を同じくして数人いると、各自の相続分は同じとなります。

妻と兄弟

 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合、配偶者の相続分は4分の3、兄弟姉妹の相続分は4分の1となります。また、兄弟姉妹に相続人と父母が同じ者と父母の一方が異なる者がいる場合には、後者の相続分は前者の2分の1となります。
 また、兄弟姉妹がすでに死亡している場合には、兄弟姉妹の孫は代襲相続

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする