民法における相続人

 相続人とは、被相続人の財産上の地位を承継する者をいいます。
 相続開始前には、推定相続人といい、被相続人の死亡による相続開始によって確定します。
 被保佐人が相続の承認若しくは放棄または遺産の分割をするには、その保佐人の同意を得なければなりません。

相続順位

 被相続人の配偶者は、常に相続人となります。
 それ以外の、直系および傍系の相続権の順位は、以下の通りです。
 配偶者は同順位同士との相続となるのであって、遺言による指定がない限り他順位間とで相続することはありません。
・第1順位:被相続人の子
・第2順位:被相続人の直系尊属
・第3順位:被相続人の兄弟姉妹

相続欠格

 相続欠格とは、相続において特定の相続人に不正な事由(相続欠格事由)ある場合、その者の相続権を失わせる制度をいいます。
 相続欠格の効果は、欠陥事由があれば、何の手続きなしに発生します。
 以下の場合に該当した場合は相続欠格事由に該当します。
・被相続人、先順位・同順位の相続人を故意に死亡させた、または死亡に至らせようとした
・被相続人の殺害されたことを知って、これを告発、または告訴しなかった
・詐欺や強迫により、被相続人が相続に関する遺言を作成・撤回・取消し・変更することを妨げた
・詐欺や強迫により、被相続人に相続に関する遺言を作成・撤回・取消し・変更させた
・相続に関する被相続人の遺言書について偽造・変造・破棄・隠匿した

相続廃除

 被相続人に対して虐待・侮辱あるいは著しい非行があった者を、他の被相続人が家庭裁判所に申し立てる事によって、その相続権を喪失させることができます。これを相続廃除といいます。
 相続人の廃除は遺言による申し立てによっても可能です。
 廃除された推定相続人は相続権を失います。

代襲相続

 相続の開始以前に被相続人の子あるいは被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格・廃除によって相続権を失った場合、その者の子が代わって相続することができます。これを代襲相続といいます。
 代襲相続の子は、さらに代襲して相続人になれます。しかし、兄弟姉妹を代襲した者の子は、これに該当しません。
 また、代襲相続できるのは相続人が死亡、または欠格・廃除した場合だけです。相続人が自らの意思で相続放棄した場合は、代襲相続はできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする