民法における親族

 親族とは、以下のものをいいます。
・6親等以内の血族
・3親等以内の姻族
・配偶者
 また、親等とは親族関係の遠近を示す単位です。一つの親子関係を単位として算出する世数親等制によって計算されます。

親族の分類

 親族は以下のように分類されます。

血族関係

 血族とは、法において血縁の繋がっている者をいいます。
 血族には自然血族と法定血族があります。
 自然血族とは、相互に自然の血縁関係(生物学上の血縁関係)にある者を血族です。
 法定血族とは、法律の規定により血族とされる者をいいます。日本の民法では養子縁組による血族関係のみが法定血族となります。

姻族関係

 姻族とは、配偶者の一方からみて他方配偶者の血縁関係にあたる者をいいます。
 姻族関係は、離婚、および婚姻の取消しによって終了します。

配偶者関係

 配偶者関係は婚姻により生じ、死亡、婚姻の取消し、離婚により終了します。

親族を定義する意味

 親族の範囲を一般的に定義することについては、法律的な意味はほとんどないといわれています。なぜなら、扶養義務を負う親族の範囲や家庭裁判所への申立権者の範囲、さらに相続権者の範囲などについては、民法はそれぞれにその範囲を特定しているからです。よって、ここでいう親族の範囲が具体的に適用される場面はほとんどありません。そのような意味で、親族を一般的に定期する意味は少ないと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする