贈与契約

 贈与契約とは、当事者の一方が相手方に無償で財産を与える契約をいいます。
 無償、片務、承諾契約です。

書面によらない贈与

 書面によらない贈与の場合、各当事者はいつでも契約を撤回できます。
 ただし、撤回できるのは履行が終わっていない部分に関してだけです。履行が終わった部分に関しては撤回できません。
 ここでいう「履行が終わった部分」とは、贈与者の贈与意思が外部に対して明確に示された部分をいいます。
 履行に当たるのは、以下の場合です。
・目的物が動産の場合には引渡し
・不動産の場合には不動産登記もしくは引渡し

特殊な贈与

負担付贈与

 負担付贈与とは、受贈者が贈与者に対して、ある程度の負担を負う場合をいいます。
 負担贈与はあくまで片務契約です。しかし、負担の限度で実質的に対価関係を有します。したがって、贈与に関する規定の他に、その性質に反しない限り双務契約に関する規定である、同時履行の抗弁権、危険負担、解除が準用されます。

死因贈与

 死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与をいいます。
 遺贈との違いは、当事者間の事前の契約による点にあります。しかし、死因贈与は遺贈に類似しているため、その性質に反しない限り遺贈に関する規定が準用されます。
 ただし、死因贈与はあくまで契約です。したがって、単独行為である遺贈に関する規定のうち、単独行為であることを前提とする規定は死因贈与での準用はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする