連帯債務

 連帯債務とは、複数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務をいいます。連帯債務では、そのうちの一人が給付すれば総債務者の債務が消滅します。
 連帯債務は、契約や遺言などの意思表示によって成立します。

連帯債務者に対する債権者の権利

 債権者は、自由に給付を行う債務者を選べます。つまり、債権者は連帯債務者の中から1人に対して給付を要求してもいいし、複数人あるいは全員に給付を要求してもかまいません。
 また、誰にどれくらいの割合の給付を請求するかも債権者は任意で決定できます。
 それらの請求は、同時に行ってもいいし、順番におこなってもかまいません。

転載債務者間の内部関係

 連帯債務者の1人が債務を弁済し、その他の総債務者が共同で免責を得た場合、弁済を行った債務者は、他の債務者に対して負担分に応じた求償が可能です。

相対的効力と絶対的効力

 連帯債務における契約は債権者ごとにそれぞれ独立です。したがって、債権者と1人の連帯債務者の間に一定の事由が生じた場合でも、他の債務者に影響を与えません。これを相対的効力といいます。
 しかし、例外的に連帯債務者の1人について生じた事由が他の債務者に影響を与えることがあります。これを、絶対的効力といいます。
 絶対的効力が生じるものには、以下のものがあります。
・弁済(代物弁済、供託を含む)
・請求
・更改
・相殺
・免除
・混同
・時効完成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする