民法における相殺

 相殺とは、債権者と債務者が相互に同種の債権をもっている場合に、一方的な意思表示によって、双方の債権を対当額だけ消滅させることをいいます。
 相殺は、決算を簡便なものにするだけにとどまりません。債権担保としての機能を果たし、優先的な債権回収の手段として使われています。

自動債権と受動債権

 例えば人物Aが、Bに60万円で物を売ったとします。そのときに、AはBに40万円の金銭を借りていたとします。この場合、AはBに対して「代金60万円から借りている金銭の分40万円を減額して、支払う代金を20万円にする。代わりに、借りた金銭は返さなくてもいいでしょう」と言うことができます。これが相殺です。

 ここで、相殺しようとしているAの権利(α債権)を自動債権といいます。相殺されるBの債権(β債権)を受動債権といいます。
 逆に、Bが相殺を提案した場合、Bの債権が自動債権となり、Aの債権が受動債権となります。

不法行為による損害賠償権の相殺

 不法行為による損害賠償権は受動債権として相殺することは法律上禁じられています。
 その理由には以下の通りです。
・現実の被害者に対して、治療費などの賠償を確保するため
・不法行為の誘発を防止するため
 具体的な例を挙げれば、債権者が借金を返済できない債務者を腹いせに殴りつけ、「俺が貸した借金とお前の持ってる損害賠償債権は相殺だ」と言い出しても無効になるなどがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする