弁済による代位

 弁済による代位とは、他人のために債務を弁済した第三者が、債権者の地位にとって代われるという制度をいいます。
 この場合、弁済をした第三者は、元々の債務者に求償(建てかえた金銭の返還請求)が可能です。また、求償権だけでなく、元々の債権者が有していた抵当権などの権利が、弁済した第三者に移転します

弁済による代位の種類

 弁済による代位には、以下の2つが存在します。

法定代位

 法定代位とは、法律上利害関係のある第三者が弁済した場合、当然に債権者の地位にとって代われることをいいます。

任意代位

 任意代位とは、
・債権者の承諾がある
・債務者の承諾または債権者からの通知がある
 という条件の下で、第三者が債務者の地位にとって代われることを

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする