消滅時効

 消滅時効とは、一定期間行使されない権利を消滅させる制度です。

時効期間

・債権:10年
・債権・所有権以外の財産権:20年

短期消滅時効

 10年よりも短い消滅時効期間(短期消滅時効)が定められている権利も存在します。

取消権

・追認できる時から5年
・行為時から20年

詐害行為取消権

・取消の原因を知った時から2年
・行為時から20年

相続回復請求権

・相続権侵害の事実を知った時から5年
・相続開始から20年

相続承認放棄の取消権

・追認をすることができる時から6ヶ月間
・承認または放棄の時から10年

遺留分減殺請求権

・相続の開始、贈与、遺贈を知った時から1年
・相続開始の時から10年

時効期間の起算点

 時効期間は、権利を行使できる時から進行します。
 この時効期間を始める時点を時効の起算点といいます。
・債権の種類:消滅時効の起算点
・確定期限の定めのある債権:期限到来時
・不確定期限の定めのある債権:期限到来時
・期限の定めのない債権:債権成立時
・停止条件付き債権:条件成就時
・債務不履行による損害賠償請求権:もとの債権について履行請求できる時
・契約解除による現状回復請求権:契約解除時
・不法行為に基づく損害賠償請求権:損害及び加害者を知った時
・返還時期の定めのない消費貸借:債権成立後、相当期間経過後

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。