担保物権

 担保物権とは、債権者が、債権の履行を確保するために、債務者又は第三者が所有する物に対して、優先的に権利を行使することができる権利です。

債権回収と担保物権

 担保物権を持たない債権者が債権の履行を確保するには、「債務名義」に基づき「債権者平等の原則」に従って債権の回収を行うことになります。

正攻法による債権回収

 債務者が債務を弁済しないとします。このとき、担保物権を持たない債権者は「債務名義」に基づき、債務者の財産を差押え、競売、換価して、債権を回収します。
 この場合の問題は以下の2つです。
・債務名義を得るために、時間と費用がかかる
・債権者平等の原則に従うため、全額の弁済を受けられない場合がある

債権者平等の原則

 債権者平等の原則とは、複数の債権者がいる場合に、債務者の責任財産から平等に弁済を受ける原則のことです。
 各債権者は債権額に応じた「按分比例」によってしか債権を回収できません。
 債権者平等の原則に対する対応として以下のものがあります。
・物的担保(特定の財産が、債権の担保となる)
・人的担保(特定の人の一般財産が、債権の担保となる)
・変則的債権回収(代物弁済、相殺、債権譲渡)

責任財産の保全

 責任財産とは、強制執行の対象となる財産のことをいいます。
 責任財産の保全とは、債権者が強制執行をする前提として、債務者の財産を確保するための手続のことです。
 債務者の責任財産を保全するために債権者代位権と詐害行為取消権があります。

担保物権の種類

 担保物権は、まず約定担保物権と法定担保物権に分けられます。
 約定担保物権とは、当事者の契約によって成立する担保物権をいいます。約定担保物権には、抵当権と質権があります。
 法定担保物権とは、法律で定められた一定の要件を満たすと、当事者の意思の有無にかかわらず成立する担保物権をいいます。法定担保物権には、留置権と先取特権があります。

担保物権の通有性

 担保物権の通有性とは、すべての担保物権が共通して有する性質をいいます。
 担保物権の通有性には以下のものがあります。

付従性

 付従性とは、債権が成立しなければ担保物権も成立せず、債権が消滅すれば担保物権も消滅する性質をいいます。

随伴性

 随伴性とは、債権が他人に移転すれば、担保物権もそれに伴って移転する性質をいいます。

不可分性

 不可分性とは、債権を全額回収するまで、目的物の全体について担保物権は存在し続ける性質をいいます。

物上代位性

 物上代位性とは、目的物の滅失等によって債務者が受ける金銭その他の物に対しても、担保物権を行使することができる性質をいいます。

担保物権の効力

 担保物権の効力には以下のものがあります。

留置的効力

 担保のため目的物を債権者の手元に留置させ、債務者に心理的圧迫を加えることにより弁済を促す効力です。

優先弁済的効力

 債務の弁済が得られないときに債権者が目的物を換価し、他の債権者に優先して弁済を受けられる効力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする