用益物権

 用益物権とは、他人の物を一定の目的のために使用・収益する権利のうち、物権であるものをいいます。
 日本の民法で認められる用益物権は以下の4つです。
・地上権
・永小作権
・地役権
・入会権
 これらの用益物権はどれもが他人の土地に対する権利です。土地以外の物に対しては、賃貸借や使用貸借など、債権による権利以外はありません。

地上権

 地上権とは、他人の土地において工作物又は竹木を所有するため、その土地を使用する権利をいいます。
 例えば、借りた土地の上に自分の家や道路、あるいは橋などを建てる場合がこれにあたります。
 地上権を取得するには以下の方法があります。

地上権設定行為

 通常、地上権は地上権設定行為により取得されます。地上権設定行為は契約または遺言によります。

地上権譲渡契約

 地上権は譲渡契約によっても取得できます。

法定地上権

 同一の所有者に属する土地・建物に抵当権または強制競売が行われたとします。その結果、土地と建物の所有者が異なることとなったとき、法律の規定により発生する地上権が法定地上権です。
 法定地上権は当事者の特約によって排除することができないとされます。

取得時効

 地上権も取得時効により取得できます。

永小作権

 永小作権とは、小作料を支払って他人の土地において耕作又は牧畜をする権利です。
 永小作権の取得方法には以下のものがあります。

譲渡

 永小作権は、設定行為で禁止されている場合や特に異なる慣習がない限り譲渡することができます。

取得時効

 永小作権は、取得時効によっても取得できます。

相続

 永小作権は相続によっても取得できます。

地役権

 他人の土地を自己の土地の便益に供する権利です。
 例えば、通行地役権、引水地役権(田んぼに水を引く権利)、眺望地役権(景色を眺める権利)などがあります。
 地役権の取得方法には、以下のものがあります。

地役権設定行為

 地役権は土地所有者と地役権者との設定行為により取得できます。
 設定行為は通常は契約によりますが、遺言でも可能です。

取得時効

 継続的に行使されるもので、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効取得することが可能です。

入会権

 入会権(いりあいけん)とは、村落共同体などが、一定の主として山林原野において土地を共同で所有し、伐木・採草・キノコ狩りのなどに共同利用する物権です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする