無権代理

 無権代理の反対の概念に、有権代理があります。有権代理とは、本人から代理権を授与された代理人が代理権の範囲内で行う有効な代理行為をいいます。
 これに対して無権代理(広義)とは、本人の代理人と称する者に代理権がない代理行為をいいます。代理権を有しないのに、代理行為を行ったものを無権代理人といいます。
 この広義の無権代理は表見代理と無権代理(狭義)に分けられます。

表見代理

 表見代理とは、無権代理(広義)の一種です。本人と無権代理人との間に、外観的には代理権があると信じさせるだけの特別な事情がある場合に、有権代理と同様の効果を認める制度です。

 民法上、次の3類型の表見代理が認められています

代理権授与表示による表見代理

 例えば、AはBに何ら代理権を与えていないにもかかわらず、Cに「Bに代理権を与えた」旨を告げた場合です。
 この場合に当てはまるための要件は以下の3つです。
・本人がある特定の者に対して他人に代理権を授与した旨を表示したこと
・無権代理人が本人によって表示された代理権の範囲外において代理行為をなすこと
・相手方が無権代理人に代理権が存在しないことにつき善意・無過失であること

権限外の行為の表見代理

 代理人がその権限外の行為をした場合において、相手方が代理人の権限があると信じるべき正当な理由があるときには、本人は相手方に対して責任を負わなければなりません。
 この場合の成立要件は以下の3つです。
・代理人に基本代理権が存在すること
・代理人がその代理権の範囲をこえて代理行為をなすこと
・相手方において代理人に権限があると信じるべき正当な理由があること

代理権消滅後の表見代理

 本人は代理人の代理権消滅について善意・無過失の相手方に対して責任を負わなければなりません。
 この場合の成立要件は以下の3つです。
・代理行為時には代理人の代理権が消滅していたこと
・かつて代理人が有していた代理権の範囲で代理行為がなされたこと
・代理人の代理権の消滅につき相手方が善意・無過失であること

 表見代理が成立する場合には代理によって生じる法律上の効果が本人に帰属することになります。
 ただし、表見代理は広義の無権代理の一種です。よって、表見代理とともに無権代理人の責任の要件が満たされる場合には、相手方は表見代理と無権代理人の責任を選択的に主張できるとされます。また、取消権を行使することも可能です。
 ただし、無権代理人が制限行為能力者であるときは、その者の保護のため、無権代理人の責任を問うことはできません。

無権代理(狭義)

 無権代理(狭義)とは、無権代理(広義)のうち、表見代理が成立しない場合のみをいいます。

 本人と代理人の間に無権代理(狭義)が成立した場合に、本人が取りうる手段は以下の2つです。

追認

 本人が追認すると、代理行為の効果は最初にさかのぼって本人に帰属します。

追認拒絶

 本人が追認拒絶すると、代理行為の効果が確定的に本人に帰属しないことになる。

 無権代理人(狭義)に対して契約の相手方は、以下の手段をとることができます。
内容手段
勧告権とは、相手方が本人に対して、追認するか否かを決めるよう催促する権利です勧告権
取消権とは相手方が、一方的に無権代理行為の効果を無効なものとして確定させる権利です取消権
・本人の追認がないこと
相手方の選択により、無権代理人に履行または損害の賠償を請求できます。無権代理人への責任追及
・本人の追認がないこと
・相手方が取消権を行使していないこと
・無権代理人が行為能力を有していること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする