国民主権

 国民主権とは、国の政治を最終的に決定する権限を持つのは国民であるという考え方です。
 日本国憲法では、個人の尊厳を最重要視し、国家権力の源泉も個人にあるとします。そして、国民一人一人の権力が集まって、最終的な国家権力となるのです。

国民主権と代表民主制

 国民主権においては民主主義という仕組みで政治が決定されます。日本においては、国民の中から代表者を選んで政治を行う代表民主制を採用しています。
 また、主権が国民にあるため、国の最高法規である日本国憲法の改正も国民の意思によって決められます。つまり、一部の権力者が勝手に憲法を改正できない仕組みになっているのです。
 国民の代表者である国会議員は国民が直接選びます。その上で、行政の長である内閣総理大臣は、国民の代表者である国会が決定します。
 更に、最高裁判所裁判官は国民審査でチェックされ、その地位にそぐわない人物であった場合には罷免(辞めさせる)ことになっています。

主権という言葉の3つの意味

 主権という言葉は、以下の3つの異なる意味に用いられます。

国家権力そのもの(国家の統治権)

 国家権力が最高・独立であることを意味する場合です。
 これは、国家権力が国内的には他のいかなる権力にも優っており「最高」であること、また国外などの対外的には他のいかなる権力からも意思形成を妨げられないで「独立」であること意味します。

国家権力の属性としての最高独立性

 立法・行政・司法の国家権を総称する統治権と同じ意味で使われます。つまり、国家が持つ支配権です。

国政についての最高の決定権

 国の政治についての最終決定権を意味する場合です。
 日本国憲法の前文第1項に書かれている「ここに主権が国民に存することを宣言し」「主権の存する日本国民の総意に基く」という文言がこれに該当します。
 国民主権における主権は、この「国政についての最高の決定権」を意味します。国民主権とは国民に主権をあることを言うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする