【キャラモデリング】09:衣装の作り方

 体、髪を作ったら、次は衣装を作っていきます。
 衣装と言ってもシンプルなセーラー服ですので、そこまで複雑な構造ではない……はず。
 まず、衣装のベースをつくるために、オブジェクトモードで『001.body』をコピーします。コピー方法は『Shift+D』です。

 次に編集モードで衣装づくりに必要そうなメッシュ以外を削除します。

 切り裂き(キーボードのVキー)で腰のあたりの辺に切れ目を入れて上半身と下半身を分離させます。

 メッシュ全体を選択し、膨張を使って服と体の密着を防ぎます。

 ただし、この際、胸の部分がミラーコピーの中心線でくっついている可能性があります。その場合は、ミラーコピーモディファイアの『クリッピング』を一度解除(チェックを外す)して、くっついている頂点や辺を引き剥がしましょう。引き剥がしが終了したら、再びクリッピングにチェックを入れます。

 オブジェクトを分かりやすく名称変更します。
 上半身の服は『006.wear.000』とし、スカートは『006.wear.001』とします。

上半身の服を作る

 最初に上半身の服を作っていきます。
 まず、ナイフ編集を使い首元に切れ込みを入れます。

 次に不要な首元の面を削除します。

 首元の頂点を整えます。

 再びナイフ編集で、セーラー服の襟をつくるために切れ込みを入れます。
 その次に、セーラー服の襟の輪郭となる辺を選択して、『Ctrl+E』を押します。すると以下の図のような選択しが出てくるので『シームを付ける』を選びます。すると、選択していた辺が赤色に変化します。

 これはシームと呼ばれる機能で、いわば区切り線です。シームで特定の領域を囲い、面選択モードでリンク選択(キーボードのLキー)すると、以下の図のようにシームで区切られた領域のみが選択されます。
 ただし、少しでも隙間があるとシーム区切りによるリンク選択は機能しないので、隙間がないか確認しましょう。

 襟が選択された状態で、『Alt+E』を押します。すると押し出しに関する選択が表示されるので『領域(頂点の法線)』を選択します。画面左のパネルから押し出しの量(オフセット)を調整します。ここでは、『-0.003』としました。

 押し出しをするとシームも押し出されてしまうので、襟の上の辺のシームだけクリアしましょう。

 下の方の辺はクリアしないでもいいです。

 次に、服の袖部分を調整します。これにて上半身の服は完成です。

スカートを作る

 次にスカートを作っていきます。
 まず、スカートのオブジェクトを編集モードに切り替えます。
 そのうえで、スカートの裾を押し出しで伸ばしていきます。

 次に、ループカットを使用して辺を追加します。

 スカートのシルエットをお好みの形状に整えます。

 セーラー服のスカートをプリーツスカート(ひだが入っているやつ)にしていきます。
 ひだの膨らみにしたい面を選択します。

 面を選択した状態で、『Alt+E』を押して、表示される項目から『領域(頂点の法線)』を選択します。

 ここではオフセット量は『-0.003』とします。

 押し出した部分の、一番上の辺をそれぞれ少しずつ下げて、角を取っていきます。

 押し出した際に作成された部分の下の面は削除します。

 ここで辺分離というモディファイアを追加します。

 辺分離を加えると、スムーズ化したときに、ひだの部分だけがシャープに表現されます。

スカーフを作る

 次に、セーラー服のスカーフを作ります。
 まず上半身の服のオブジェクト(006.wear.000)を編集モードに切り替えます。そのうえで、襟の付け根部分の辺を選択し、『Shift+D』でコピーします。

 コピーした辺をキーボードのPキーでオブジェクトから分離させます。オブジェクトモードに戻って、分離させた辺を『006.wear.002』という名前に変更します。そして、これを編集モードに切り替えます。

 コピーした辺にはシームもコピーされているので、シームをクリアしておきます。

 スカーフの辺を押し出します。この際、法線がバラバラになっていたら法線が表を向くように面の向きを変えておきましょう。

 押し出しや頂点の移動を使い、スカーフを作っていきます。

 横から見たときに、スカーフが体に沿うように曲げていきましょう。

 最後にスカーフの面をスムーズ化しましょう。

靴の作り方

 体とコピーして、靴のベースとなる足以外の面を削除します。

 足のつま先部分も削除します。

 足の先端の辺をつま先の方へ押し出していきます。

 靴の形に整えます。

 つま先に面を張ります。

 靴と足が密着しているのは都合が悪いので、膨張させます。

 つま先の辺を選択し、『Ctrl+B』でベベル(面取り)を追加します。

 つま先の面に『Alt+P』で、扇状の三角面を追加します。

 靴の下の面を選択し、押し出しで靴底を作ります。

 靴底の形状になるように形を整えましょう。

 あとはローファーな感じになるように、靴の形状を整えていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする