法律上の争訟

 法律上の訴訟にあたらなければ、原則として、裁判所の審査権は及びません。
 法律上の訴訟とは、以下の2つを満たすものをいいます。
・当事者間の具体的な権利義務ないし法律関係の存否に関すること
・法律を適用することにより最終的に解決できること

当事者間の具体的な権利義務ないし法律関係の存否に関すること

 法律上の訴訟においては、まず権利義務ないし法律関係の存否に関する紛争であることが必要です。したがって、抽象的に法律の解釈または効力を訴訟で争うことはできません。
 また、裁判所の救済を求めるには、原則として自己の権利または法律によって保護される利益の侵害という要件が求められます。
 この条件に関した判例で有名なものには、警察予備隊違憲訴訟があります。

法律を適用することにより最終的に解決できること

 法律を適用することで最終的に解決できなければなりません。よって、宗教上の争いなどは審査できません。
 この条件に関した判例で有名なものには、板まんだら事件があります。

【判例】警察予備隊違憲訴訟

判決年月日など

 昭和27年10月8日・最高裁大法廷判決

事案の概要

 昭和25年の警察予備隊令により、自衛隊の前身である警察予備隊が設置されました。
 このことについて、当時の日本社会党を代表して原告鈴木茂三郎が、警察予備隊は憲法9条に反し違憲であるとしました。
 その上で原告は、警察予備隊の一切の行為の無効確認を求めて最高裁判所に訴状を提出しました。

争点

 最高裁判所は具体的な事件を離れて、抽象的に法令などの違憲審査をする権限を有するかが争点となりました。

結論

 原告の訴えは却下されました。

この事案のポイント

 最高裁判所は、司法権は抽象的違憲審査権を有しないという判決を出しました。ゆえに、この事件はそもそも司法で扱えるものではないとしました。
 ちなみに、判決は警察予備隊の違憲性については一切触れていません。

【判例】板まんだら事件

判決年月日など

 昭和56年4月7日・最高裁第三小法廷・判決

事案の概要

 原告となったのは、元創価学会の会員らです。
 彼らは、御本尊である板まんだらを設置する正本堂を設立するために募金に応じて金員を寄付しました。しかし、その後、板まんだらは偽物であり、御利益がないとして、民法でいう錯誤無効を主張し、寄付金の返還を請求しました。

争点

 この事件では、以下のことが争点となりました。
・裁判の対象となる紛争は、どのような性質のものでなかればならないか
・宗教上の教義に関する紛争は裁判の対象となりうるか

結論

 最高裁判所は、原告の訴えを破棄自判としました。

この事案のポイント

 この訴訟は、形式的には具体的な権利義務に関する紛争です。しかし、この訴訟では、その前提として御利益の有無など信仰の価値や、宗教上の教義に関する判断を行わなければなりません。そのようなことは法令の適用によって最終的に解決は不可能であるとし、最高裁判所は、この事件を法律上の訴訟にあたらないとしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする