【キャラモデリング】06:胴・腕・脚の作り方

 前回の記事では、人体の頭部を作りました。
 続いて胴・腕・脚を作っていきましょう。
 胴体部分を作るにあたって、頭部とそれに伴うパーツを表示していると作業しづらいのでアウトライナーから非表示にします。このとき、3Dカーソルは原点に合わせておきましょう。

胴を作る

 ベースとなる胴は、平面を押し出して作っていきます。
 なので、まずはオブジェクトモードにして『追加』から『平面』を呼び出しましょう。

 テンキーの『3』を押して側面表示に切り替えて、回転マニピュレーターを使用して平面を90度回転させます。

 ミラーコピーで左右対称な形を作るので平面の(画面に対して)左半分は不要です。
 ループカットを使用して中央に割線を引きます。

 その上で左半分の面を削除します。

 ミラーコピーのモディファイアを平面に追加します。
 ミラーコピーは以下の設定にしておきます。

 移動マニピュレーターなどを使用して、平面を大まかに下絵の胴体部分と合わせます。

 ループカットを使用して、横方向の辺を4本追加します(ピンクの線が出ている状態でテンキーの『4』を押す)

 点選択モードにより横幅を胴体に合わせていきます。

 ループカットを使用して縦方向に辺を一本追加します。

 首や股関節の部分を整えていきます。

 平面全体を選択して、前方に押し出します。

 体の前面を大まかに合わせていきます。なお、胸部の膨らみついてはあとで合わせるので、この時点では無視しておきます。

 次に胴の背面を合わせていきます。

 胸の下あたりにループカットを使用して辺を追加します。

 胸部分の縦の辺を溶解します。

 胸の部分の面を選択して、キーボードのIキーを押します。すると以下の図のように面を追加することができます。

 扇状の三角面を追加する(Alt+P)を使用するなどして、胸の形を整えていきます。

 胸部を膨らますなどして形を整えていきます。

腕を作る

 次に腕を作っていきます。
 胴の肩部分の面から、横方向に腕のベースを伸ばしていきます。

 下絵を利用しながら、腕の太さを大まかに合わせます。

脚を作る

 胴体の下部分から足のベースを生やしていきます。

 下絵を利用しながら、脚の太さを合わせます。

細分割局面

 さて、これで胴・腕・脚のベースは出来たわけですが、まだカクカクで荒い状態です。
 なので、もう少しポリゴンを細かくしていきます。
 そこで使用するのが『細分割局面』というモディファイアです。このモディファイアを使用すると、メッシュオブジェクトに丸みを与えることができます。

 胴・腕・脚のオブジェクトに以下の設定で細分割局面オブジェクトを追加します。

 画面左のパネルから『スムーズ』を選び、面を滑らかにします。

 細分割局面のモディファイアを適用させます。

 編集モードで頂点位置の微調整を行ってから、ループカットで関節部分に以下の図のように辺を追加します。関節は後々ボーンを使って曲げるので頂点数が少ないと上手く曲がり具合が設定できないなど困ったことになります。

 最後に胴・腕・脚のオブジェクトの名称を分かりやすいものに変えておきましょう。ここでは『001.body』にしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする