国会議員の特権

 国会議員の特権として以下のものがあります。
・不逮捕特権
・免責特権
・議員の歳費受領権

不逮捕特権

 不逮捕特権とは、国会議員の特権の1つです。
 憲法50条には、
「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。」
 とあります。
 原則として、国会議員には会期中の不逮捕特権が認められています。これは、行政権による逮捕権の濫用を防ぐためです。これにより、議員の職務遂行を確保します。
 ただし、例外として、以下の場合には、逮捕権の濫用は考えにくいため、会期中の逮捕が認められています。
・院外での現行犯
・院の許諾がある場合
 また、会期前に逮捕された議員については、議院は釈放を要求できます。

免責特権

 免責特権とは、国会議員の特権の1つです。
 憲法上、国会議員は、議院で行った演説・討論・表決について、院外で責任を問われない特権をいいます。
 ただし、免責されるのは、民事責任、刑事責任などの院外での法的責任です。院内の懲罰責任は免責されず、責任を問われる余地があります。
 憲法51条には、
「両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。」
 とあります。

議員の歳費受領権

 議員の歳費受領権とは、国会議員の特権の1つです。
 歳費とは、国会議員の受ける報酬のことをいいます。
 憲法49条には、
「両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。」
 とあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする